平城高校を守りたいそのためにできる事があるならと特設サイトを作成しました。

今、後輩たちが奈良県を相手に訴訟を起こしたと新聞報道で知りました。

改めて、存続を願っている人の一人でも多くの署名と意見書・陳述書が欲しいそうです。

我々は、母校の存続を願ってます。

『平城高校廃校処分の取消請求及び損害賠償請求訴訟』及び『訴訟への支援』について

訴訟支援方法

1.署名 詳細はこちら
2.陳述書 詳細はこちら
3.訴訟費用の援助 詳細はこちら


平城高校 生徒の皆さん、保護者の皆さまへ
平城高校を無くさないで!一緒に高校を守りましょう!
一人ひとりの『署名』と『陳述書』がチカラになります!

平成31年4月19日

平城高校保護者・卒業生有志 支援者一同

『平城高等学校閉校反対署名』と
『平城高校存続を求める陳述書』ご協力のお願い

保護者の皆さまには、平素より平城高校の発展に御尽力を賜り誠に有難うございます。
先日4月4日、現役生徒と保護者が協力し、平城高校の存続を求める訴訟をおこしました。
私たちは、より多くの皆様とともに、平城高校の存続を実現していきたいと考えています。
つきましては以下の活動へのご参加ご協力の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

【平城高校閉校に反対する署名をお願いします!】

この提訴を奈良地裁に重大なものと認めてもらうために、一人でも多くの現役生徒の皆さんの署名が必要となります。ぜひ、大切な平城高校を存続させるため、裁判所に提出する署名にご協力をお願いします。

これまでにも署名を頂いたおりますが、どのような立場の方が反対されているのかを明確にするために、改めて署名を集めております。

【平城高校の存続を求める陳述書の作成をお願いします!】

陳述書は、思いは同じだけれど直接原告になれなかった方が、裁判所に思いを伝える作文のようなものです。原稿用紙1、2枚程度に閉校反対や高校存続を求める思いを記載して提出することで、裁判所により思いを伝えることができます。また、陳述書に協力して下さる方が多ければ多いほど強い意志として認められます。

皆さんの思いを伝えられる最大のチャンスですので、思いの丈をぶつけて下さい。

③【平城高校存続訴訟の弁護団と支援者について】

◎弁 護 団  

今回の訴訟でお世話になっている弁護団は6名の方々です。

・『共栄法律事務所』濱弁護士  

〒541-0041 大阪市中央区北浜3-7-12 京阪御堂筋ビル8階

電話 06-6222-5755  Fax 06-6222-5788   

・『家藤法律事務所』家藤弁護士

〒530-0003 大阪市北区堂島2-1-27桜橋千代田ビル4F

電話 06-6341-3884 Fax 06-6341-3885

ほか4名

◎支 援 者 

・平城高校卒業生 7期 浅野順一  7期 坪井祐子  8期 福澤明 13期 信岡政樹  17期 梶本有利  ほか23名

・平城高校後援会役員 鈴木真美